お金持ちになりたい

仮想通貨投資や好きなことについて

長男おそ松はクズを演じる大切さを教えてくれる②

前回、おそ松のスタンダードなゲスさ、クズさ、外道な会話についてまとめました。

おそ松のゲスな会話について↓

 

maesonger.hatenablog.com

 

おそらく『おそ松兄さん推し』の腐女子は、『エスパーニャンコ』『一松事変』『恋する十四松』を観れば感じ取れる、ほかの兄弟がをかばったり、リーダーシップをもったりする優しさに惹かれているんじゃないでしょうか?

 

 

なかでも下の話はおそ松の人柄の良さを一番表している話

『恋する十四松(9話)』

あらすじ:

いろいろな事がきっかけで、とある可愛い女の子と知り合い、デートを重ねることになった五男十四松。そのデートを追う他の兄弟達だが、長男のおそ松だけは面白くないのか、アダルトビデオ店に行って、今晩だけの彼女を見つけることに。ビデオを探し始めて2時間後、「ありゃっ、この娘って…」

ついに次のデートで告白することになった十四松ですが、みんなで服装などプランを練りに練って、

いざ本番…

なんと十四松は振られてしまいます。その後、チビ太のおでんの屋台でみんなで慰めるのですが、十四松は「彼女今日、引っ越しするんだ、田舎に帰るって…。もうもう、逢えないんだ」と涙が止まりません。

それからの会話

f:id:maesonger:20170610214443j:plainf:id:maesonger:20170610214446j:plain

 

おそ松「会いにいけば」

十四松「えっ!?だって僕、振られたのに」

おそ松「いや、まだ間に合うでしょ……。

     だって、引っ越しする日に会うなんて、結構面倒くさいことだよ。」

 それから、十四松はダッシュで、駅のホームで電車に乗り込む彼女に追いつき、「また、会えマッスルマッスル、ハッスルハッスル」とお別れの挨拶をし、彼女の涙を誘うことになるのです。

 

ほんとに、この話は、おそ松兄さんの男気がキーとなっていますね。この話でおそ松兄さんファンになった人は多いのではないでしょうか?

 

 

おそ松の小さな自意識

『チョロ松ライジング』という、六つ子の自意識がどれくらいのレベルなのか、具現化している回があるのですが、チョロ松が浮かんでいて、キラキラしていた、とても自分では扱えないくらいの自意識だったのに対し、

(チョロ松の自意識)

f:id:maesonger:20170610213736p:plain

(おそ松の自意識)

f:id:maesonger:20170610213741j:plain

 

おそ松の自意識は石ころみたいな小ささでした、確かに、数々のクズ発言、外道発言、パチンコや競馬好き、イカサマ行動を見たら、おそ松はかなり自意識の低い人間なのではないですね。世間的に志が低いという意味ではデメリットなのかもしれません。でも、六つ子のなかでは、おそ松がダントツで友達が多いのではないでしょうか?自意識が低く、自分のクズさ加減を一番理解し、居直ってすごしているので、とても絡みやすそうです。そして、他の兄弟のことも常に客観的に平等に見えているのか、困った時に手を差し伸べています。そんな自意識は小さくても器が大きい、おそ松兄さんを、永遠のこのアニメの軸として見ていきたいなと思っています。

 

 

おそ松さん関連記事

maesonger.hatenablog.com

 

 

 

maesonger.hatenablog.com

 

 

maesonger.hatenablog.com

 

 

長男おそ松はクズを演じる大切さを教えてくれる①

おそ松さん第2期の開始が10月~に決まったようです。

2年前と同じ季節から始まるということで、

なんにせよ、楽しみで仕方ありません。

おそ松さん第2期についての記事はこちらをご参照ください。

 

おそ松が一番親近感がわく

 僕は六つ子全員大好きですが、人間的には圧倒的に長男の『おそ松』が尊敬できますね。以下おそ松の主な特徴

・スタンダードなクズでバカ

・外道発言が多い

・ゲスい

・自意識が石ころのように小さい

・リーダーシップが強い

・他の兄弟を誰よりも思っている

 

 

それでは長男『おそ松』のまさに 外道極まりない、僕が大好きな名言集をまとめておきましょう。

・ダメだねぇ、欲の強い人は。俺たち、住む家も食べるものも着る服もあるんだよ。その上に仕事に就こうなんて、贅沢すぎ。(チョロ松へ)

 

・顔は結構普通じゃない、クラスにいるレベル

・いつも、弟がお世話になっています。ほんといい奴なんで、1回だけセッ◯◯してやってください。(チョロ松の好きなアイドルの握手会で)

 

・だから気にすることないってシコ松

・いってーーな、チョロシコスキーー

・あーあ、末っ子に怒られちゃった。自家発電三郎のせいで

・こいつときたら、なんか自分だけは違いますスタンス。特にあの就活してますアピールが腹立つ!結果なんもやんねぇし、やっていることと言えば、部屋で一人シコ◯コ

(13話 シコ松回にて)

ーー真面目なチョロ松へのおちょくり具合がgood

 

・あ〜、思ってませんよそんなこと、ほんとは一生スネかじって生きていきたいだけだよ。あ〜、まだ甘えていたい、勝手にご飯がでてきて、勝手に洗濯されている生活を続けたい。何もしたくない、やだ!(扶養家族選抜面接にて)

ーーぶっちゃけすぎw

 

・えっ!?触っちゃダメなの〜〜?じゃあ俺もう合コン行かない(合コンオーディションにて)

ーーゲスww 

 

・俺だって世の中で一番のニート目指しているもんねぇ

 

・ナイス!だってお前さえ殺れば、俺が主役をキープでしょ?(弟達を原子分解にて粉々にしたイヤミに対して)

 

・暇してんのかコラッ、ほんとに暇してんのかコラッ、夢とか見てねーだろなコラッ、親に甘えてんのかコラッ、奢られること前提で友達を呑みに誘ってんのか、コラーーッ。(スクール松にて)

ーー愛すべきクズですね

 

・自立とか就職とか、そんなワガママ言ってる場合じゃない!

ーーどこがワガママだよw

 

 

 と、なかなか聞いているだけで、どうしようもなく親近感が湧いてくるような、クズ名言の数々を上げてみました。今日は長くなったので、長男について語るのは、また次回…

 

 

 

f:id:maesonger:20170608160750j:plain

(C) 赤塚不二夫おそ松さん製作委員会

 

やる気やる気

昨日、ハーフマラソンを走ってきました。

 

という凡庸な体験だけどよかったです。

限界を超える体験をすること、自分の根性につながればいいのですが…

とにかく眠くないですか?

今日は体調がよくないこともあり、12時間寝ました。

また、おやすみなさい😴

堀江貴文はビジネス界の尾崎豊だけど

自由になりたくないかい?

 

ライブでそう叫び、若者の熱狂的な指示を集めてきたのが尾崎豊だとすれば、ジャンルは違えど堀江貴文も同じような手法をとっています。

 

これからは個の時代

 

企業や宗教など、体の弱い人間が生き延びてきた集団的な活動を、真っ向から否定し、個人がどんどん起業して、刺激的な世の中を提唱するのが今の堀江貴文。聞いている人に稼ぐ力をつけてほしいから言っているのか、社会がそうであってほしいので独善的に個人に訴えかけているのか、おそらく両方でしょうけど、そのやり方は多くの脱サラ組や意識高い起業家の心をとらえてきました。

 

書籍(約1000円)→メルマガ(月864円)→オンラインサロン(月1万円)→寿司会(10万円)

このように、みなさんご存じの商才・胆力・知力で、堀江貴文氏は資本をかけなくても書籍やメルマガで興味を湧き立たせ、ホリエモンに会ってビジネスのヒントを得たいと思わせて、小出しに近づかせてお金を引き出すフェーズを身につけてしまいました。もはや日本で稼ぐことはホリエモンにとって簡単ゲーになり、それがロケット事業などに投資するという名目上の建前があるとしても、かなり巧みなイメージ戦略となります。

 

 

ただ矛盾もあるので真に受けてはいけない

俺は学歴は気にしない・・・(昔)僕が成功したのは東大卒だったということもあると思います。ビジネスセンスと偏差値は密接した関係にある。

 

(昔)異業種交流会に行く暇があるのだったら働けよ笑

          ・・・HIUというビジネスオンラインサロンを経営

 

ホリエモン好きですが・・・

と言っていることに一貫性がない(う~~~ん、ここまでの著名人の割には矛盾な発言は少ない気がしますが)面もあり、イメージ戦略によって発言を変えている部分は大きいので、あまり信者になって考え方を真にうけすぎてもよくないなと思う今日この頃。

 

 

 

嘲笑はダメ

キングコング西野さんが「ウォルト・ディズニーを倒したい」と本気で

標榜していることご存知でしょうか。

 

冷めた目で見ると、「なぜ芸人がディズニーを倒さなきゃいけないの?」

ですが、

「壮大やなーーーーー」と温かい目で見届けないといけないと思う。

 

 

何でも、世界で一番面白い人になりたいらしく、それを「おとぎ町」

www.otogimachi.com

でやりたいらしい。

 

やろうと思ったことを、やらない理由を探して挫折するのは簡単だけど、

本当にやろうとするのは難しい。やり遂げることはさらにもっともっと難しい。

失敗したらどうしよう・・・

無謀だと思われるのではないか・・・

嘲笑されるのではないか・・・

 

 

わざと自分のやりたいことを鬱積させて、面白さを封印し、

お金を稼いでいる人は多い。

最低賃金が上がっている中、ここ5年くらいはその傾向が強くなるのか。

 

でもそれ以降はAIや自動化で仕事が奪われる中、

現在、世間的に嘲笑される人がどんどん、すごい人になっていくと思うので、

ついていきたい、バカを叫んでいきたい