maeson松のブログ

主におそ松さんについて書きます

アトピークラファン

クラウドファンディングというものを、みなさん一度は聞いたことがあるのではないだろうか?

 

自分がついこないだまで入っていたオンラインサロンでも、オンラインサロン内の資金調達をねらって、クラウドファンディングが乱立していた。

 

クラウドファンディングの国内ナンバーワンサービスは『キャンプファイア』だが、そのキャンプファイアを見てみたら、

病気などを救おう的な企画も存在する。

 

 

アトピー性皮膚炎に関するクラファンも存在して、『

るかすのアトピー闘病フォトブック「atopic idol」制作企画 - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

』や『

アトピー有症者、そのご家族がHAPPYになる仕組みを創りたい! - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

』など、アトピー患者に対する啓蒙活動が多く、自分も去年まで重度のアトピー性皮膚炎で辛い思いをしてきたので、ちょっとでもそういう人達が自信になるような仕組みを考えるのは素晴らしいことだと思う。

 

アトピーは鬱とよく似た病気だ。薬の作用もよく似ていて、鬱に対して、抗うつ剤が、アトピーに対してステロイドなのだ。すなわち、鬱と同じで、完治・根治の仕方が医学的に解明されていないので、患者は出口が見えず、まわりにも理解されずに混迷に入ってしまう。

 

自分の病気に対して同情を誘って、お金集めをするのには賛否両論あるかもしれません。サロン内でもよく聞く話ですが、何かをやろうとすると、同意する人は多くても、陰で悪口を言う人はいるみたいなので。

 

ただクラファンも甘くはありません。

本当にしっかりやりたい事を伝え、いいプレゼンをページ内でして、リターンもページビュー者が納得するようなものでないと、資金が目標に達するどころか、本当に1円も集まらずにただ単に時間の無駄で終わってしまいます(たとえ人脈があったとしても)。なので、これは批判をする人が言うような金儲けではなく、資金調達なのです。その証拠にキャンプファイア内のいろんなクラファンを見てください。見向きもされない挑戦が多い事多い事。しかし、上記のアトピーに関する二つのクラファンはしっかり自分のやりたい事が伝わり、写真が綺麗だったりページ作りがしっかりしているため思いが伝わり、資金調達できています。

 

悪口を言う人はそういう苦労を知らないので、お金儲けに関する固定観念に縛られて非難をしてしまいます。しかし、完治するのかどうかわからない病気を宿して混迷に入っている人が、少しでも生きる勇気をもらえたり仲間が増えるような仕組みが増える事は自分自身も勇気付けられました!